GetObject
    • PDF

    GetObject

    • PDF

    Article Summary

    概要

    オブジェクトをダウンロードしてメタデータを照会します。
    Response Headerを通じてオブジェクトメタデータをレスポンスし、
    Response Bodyを通じてオブジェクト内容をダウンロードします。
    もし、大容量オブジェクトである場合、Response Bodyはセグメントオブジェクトの連結内容を含みます。
    Static大容量オブジェクトに対するマニフェストを取得するためにはmultipart-manifestパラメータを使ってください。

    構文

    GET /v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}
    

    リクエスト

    NameInTypeDescription
    project_idpathstringプロジェクトIDを入力します。
    containerpathstringコンテナ(バケット)名を入力します。
    objectpathstringオブジェクト名を入力します。
    X-Auth-Token (Optional)headerstring発行したToken値を入力します。
    X-Newest (Optional)headerbooleantrueの場合、すべてのコピー本に対して問合せを行い、一番最近のコピー本情報でレスポンスします。該当ヘッダが省略された場合、一番レスポンスが早い情報でレスポンスします。
    temp_url_sigquerystringtemporary url
    temp_url_expiresqueryintegertemporary url
    filename (Optional)querystringtemporary url
    multipart-manifest (Optional)querystring該当オブジェクトが大容量オブジェクトであり (X-Static-Large-Object: True)、該当パラメータがTrueである場合、セグメントオブジェクトの連結情報でレスポンスします。
    Range (Optional)headerstring対称オブジェクトの範囲を指定して呼び出します。
    Range: Bytes=-5 (最後の5Bytes)
    Range: Bytes=10-15 (10Byteから15Byteまでの6Bytes)
    Range: Bytes=10-15,-5 (10Byteから15Byteまでの6Bytesと最後の5Bytesを一緒にレスポンス、Content-Typeヘッダを multipart/byterangesでレスポンス)
    Range: bytes=6- (6Byteから最後まで)
    Range: bytes=1-3,2-5 (1Byteから3Byteまでの3Bytesと2Byteと5Byteまでの3Bytesを一緒にレスポンス, Content-Typeヘッダをmultipart/byterangesでレスポンス)
    If-Match (Optional)headerstringETag条件ヘッダです。詳しい情報は該当リンクで確認 : RFC2616
    If-None-Match (Optional)headerstringETag条件ヘッダです。詳しい情報は該当リンクで確認 : RFC2616
    If-Modified-Since (Optional)headerstringLast-Modified条件ヘッダです。詳しい情報は該当リンクで確認 : RFC2616
    If-Unmodified-Since (Optional)headerstringLast-Modified条件ヘッダです。詳しい情報は該当リンクで確認 : RFC2616

    レスポンス

    NameInTypeDescription
    Content-Lengthheaderstringレスポンス結果の長さです。 (Bytes)
    Content-Typeheaderstringレスポンス結果のMIMEタイプです。
    X-Object-Meta-name (Optional)headerstring該当オブジェクトのメタデータです。ヘッダ名のname部部分がメタデータのキーの役割をします。
    Content-Disposition (Optional)headerstringブラウザに対する作動を再定義します。
    Content-Encoding (Optional)headerstring該当オブジェクトのエンコーディング方式です。
    X-Delete-At (Optional)headerinteger該当オブジェクトの削除予定時間です。 (Unix Epoch timestamp)
    Accept-Rangesheaderstring該当オブジェクトが許容するRangeタイプです。
    X-Object-Manifest (Optional)headerstring大容量オブジェクト(DLO) マニフェストです。 形式は{container}/{prefix}です。
    Last-Modifiedheaderstring該当オブジェクトが修正された一番最近時間です。 (UTC)
    ETagheaderstringETagヘッダ値です。
    X-Timestampheaderinteger該当オブジェクトがはじめて作成された時刻です。 (UNIX Time)
    X-Trans-Idheaderstring該当リクエストのトランザクションIDです。
    X-Openstack-Request-Idheaderstring該当リクエストのトランザクションIDです。 (X-Trans-Idと同じです。)
    Dateheaderstring該当リクエストのレスポンス時間です。 (UTC)
    X-Static-Large-Objectheaderboolean大容量オブジェクト(SLO)であるかないかの区分です。

    例示

    リクエスト例示

    curl -i -X GET -H "X-Auth-Token: $token" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}
    

    レスポンス例示

    HTTP/1.1 200 OK
    Content-Length: 210012
    Accept-Ranges: bytes
    Last-Modified: Tue, 11 Sep 2018 02:12:30 GMT
    Etag: 9bd5b4f25faf491080654a34d57c3636
    X-Timestamp: 1536631949.99141
    Content-Type: text/plain
    X-Trans-Id: tx9b5c78b06d0f41c5bd4bf-005b989fb7
    X-Openstack-Request-Id: tx9b5c78b06d0f41c5bd4bf-005b989fb7
    Date: Wed, 12 Sep 2018 05:10:15 GMT
    

    リクエストが成功するとOK (200)ステータスコードをレスポンスします。
    Rangeパラメータを通じてオブジェクト内容の一部分のリクエストが成功する場合、Partial Content (206)ステータスコードをレスポンスします。
    該当オブジェクトがない場合、Not Found (400)ステータスコードをレスポンスします。


    この記事は役に立ちましたか?

    What's Next
    Changing your password will log you out immediately. Use the new password to log back in.
    First name must have atleast 2 characters. Numbers and special characters are not allowed.
    Last name must have atleast 1 characters. Numbers and special characters are not allowed.
    Enter a valid email
    Enter a valid password
    Your profile has been successfully updated.