HeadContainer
  • PDF

HeadContainer

  • PDF

概要

コンテナ(バケット)のメタデータを照会します。

構文

HEAD /v1/AUTH_{project_id}/{container}

リクエスト

Name In Type Description
project_id path string プロジェクトIDを入力します。
container (Optional) path string 作成するコンテナ(バケット)名を入力します。最小3文字以上、最大30文字までのみ入力できます。slash(/)が含まれたら{container}/{object}に認識するので注意が必要
X-Auth-Token (Optional) header string 発行したToken値を入力します。
X-Newest (Optional) header boolean trueの場合、すべてのコピー本に対して問合せを行い、一番最近のコピー本情報でレスポンスします。該当ヘッダが省略された場合、一番レスポンスが早い情報でレスポンスします。

レスポンス

Name In Type Description
X-Container-Meta-name header string 該当コンテナ(バケット)のメタデータです。ヘッダ名のname部分がメタデータのキーの役割をします。
Content-Length header string レスポンス結果の長さです。(Bytes)
X-Container-Object-Count header integer 該当コンテナ(バケット)のオブジェクト個数です。
X-Container-Bytes-Used header integer 該当コンテナ(バケット)が使う全体容量のサイズです。(Bytes)
X-Container-Read (Optional) header string 該当コンテナのREAD ACLです。
X-Container-Write (Optional) header string 該当コンテナのWRITE ACLです。
X-Container-Meta-Quota-Bytes (Optional) header string 該当コンテナ(バケット)の容量制限値です。(bytes)
X-Container-Meta-Quota-Count (Optional) header string 該当コンテナ(バケット)のオブジェクト数の制限値です。
X-Container-Meta-Access-Control-Allow-Origin (Optional) header string CORS
X-Container-Meta-Access-Control-Max-Age (Optional) header string CORS
X-Container-Meta-Access-Control-Expose-Headers (Optional) header string CORS
X-Container-Meta-Temp-URL-Key (Optional) header string temporary URLのためのSecret Key値です。
X-Container-Meta-Temp-URL-Key-2 (Optional) header string temporary URLのための2番目のSecret Key値です。
X-Timestamp header integer 該当コンテナ(バケット)が作成された時刻です。(UNIX Time)
X-Container-Sync-Key (Optional) header string not supported
X-Container-Sync-To (Optional) header string not supported
Date header string 該当リクエストのレスポンス時間です。(UTC)
X-Trans-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。
X-Openstack-Request-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。(X-Trans-Idと同じです。)
Content-Type (Optional) header string レスポンス結果のMIMEタイプです。
X-Versions-Location (Optional) header string not supported
X-History-Location (Optional) header string not supported

例示

リクエスト例示(コンテナメタデータ照会

curl -i -X HEAD -H "X-Auth-Token: $token" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}

レスポンス例示

HTTP/1.1 204 No Content
Content-Length: 0
X-Container-Object-Count: 3
X-Timestamp: 1536631895.01856
Accept-Ranges: bytes
Last-Modified: Tue, 11 Sep 2018 02:11:36 GMT
X-Container-Bytes-Used: 630036
Content-Type: text/plain; charset=utf-8
X-Trans-Id: tx51f8478e8e924403851a4-005b988014
X-Openstack-Request-Id: tx51f8478e8e924403851a4-005b988014
Date: Wed, 12 Sep 2018 02:55:16 GMT

リクエストが成功するとNo Content (204)ステータスコードをレスポンスします。


この記事は役に立ちましたか

What's Next